Nicotto Town


◎◎だらけ?


大好きだった伯父さん

もう83歳になってたんだ。

遊びに行くことも少なくなったが、いつもニコニコして出迎えてくれた。

『よく来たね。上がってお茶のんで行ってよ』
その言葉の後は2時間くらいは伯父さんといつもおしゃべりしてた。

そしてその伯父さんが、亡くなった。


あっというまの出来事だった。

救急車で運ばれて・・・。
金曜の夜その旨電話をもらい、土曜にお見舞いに行ったけど・・・。
ベッドに縛り付けられ体のあちこちからチューブが出てた。
苦しんで動くから・・・と薬で眠らされていると聞いたが、一目でもう長くないと思った。
耳元で話しかけたけど・・・もちろん返事はない。

ご家族だけしか面会できないとの事だったので・・・・。
娘だと嘘をついて入れてもらった。
こんな嘘なら許されるよね?



最期に会えてよかった。



次の日の日曜日昼下がり、伯父さんは雲の階段を上って行きました。

今週末、伯父さんは灰になり小さなつぼの中に入る予定です。



そして私の心の中に住む住人となるのです。。。

アバター
2014/11/25 20:01
本日午後からと明日は苦手な担当看護師さんがいないんだ。超気楽!いっぱい食べまくるぞ〜←そこかよ?(笑)
コメントを違反申告する



Copyright © 2017 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved.