Nicotto Town



プーシキン美術館展 フランス絵画300年

プーシキン美術館展 フランス絵画300年に行ってきました。

絵画を見るのは大好きなので、こういった美術展にはよく行くけど

正直言って絵画の良し悪しはよくわかりません。

今回の目当てはもちろん、ポスターにもなっていた

ルノワールの『ジャンヌ・サマリーの肖像』です。

ピンク中心のやわらかい色調やジャンヌの幸せそうで

満ち足りた感じの表情がとても好きです。

心躍る作品は沢山あったけど、すごく衝撃的だったのは

ピカソの『マジョルカ島の女』でした。

特別この絵に関心があったわけでもないし

映像や写真で見ても特に感動したこともなかったのに

会場でこの絵を見た時はなんだかドキドキして目が離せなかった。

見入ってしまった・・・。

やっぱり有名な絵画には人を惹きつけるものがあるんですねぇ。

企画展を見た後に、コレクション展も見てきたのですが

その中にとても好きになった絵があったので

ポストカードを購入して帰ろうと思ってミュージアムショップで探したのですが・・・

その絵のポストカードは残念ながらありませんでした。

どこかで購入できたらいいのになぁ。

次はボストン美術館の展覧会『アートに生きた女たち』に行ってみようかなぁ。

楽しみ♪

アバター
2013/06/12 00:02
こんばんは★

ほ~☆

ステキな趣味ですね(*´∀`*)

私もちょっと興味わいてきました・・・(・ω・)
コメントを違反申告する



Copyright © 2017 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved.