Nicotto Town


キーチャン


3度目の不合格。。そのふりかえり。

3月10日に合格発表があった。
そうなるかなーという予感はあったが、
実際にその現実に直面すると、意外に予想以上につらいものだった。。

自分の受験番号がないという事実をうけとめるのは
ほんとうにしんどい。
そして隣の女のコの番号は載っている(合格)というのは
悔しさを引き立てる。

つらいならもっと勉強すればよかったのでは?とも思うけど、
根本的に要求されてる質がちがうような気もしてる…。
全国の進学校で学内1位をとるような子たちが東大受験にきてるわけで、
そりゃ要求も高いし競争もきついわけだけどさ。。



●東大受験1回目(2014年)

文3での受験。
社会は「世界史」「地理」の選択。
どの科目も勉強してておもしろいのだけど、
「地理」の出題範囲が予想外すぎて手に負えなかった>_<
それ以外にも全体的に力負けだけど、
ここで地理をあきらめた。
地理でインターネットと電話の通信量の問題なんか出さないでよ>△<


●東大受験2回目(2015年)

理2での受験。
理科は「物理」「地学」の選択。
物理は前年に半分ほど学習してるので、
全く新しく勉強するのは「地学」だけだったが、
物理も地学も2次試験レベルでは力負け。。
センター試験レベルなら点取れても難問に対処できない。
物理は過去問で8割くらい取れる問題もあるけど、
知らないパターンの問題だともうムリ。
ここで物理をあきらめた。


●東大受験3回目(2016年)

文3での受験。
社会は「世界史」「日本史」の選択。
日本史を新しく勉強することにした。

結果的には社会は2次試験で52%の点が取れた。
合格最低ラインは2次試験で55%くらいの得点率なので、
少し近いところまできた。
ただし、おそらくみんな国語で点が稼げない分、
社会で点を稼ぎにくるはずなので、正直これでは全然足りない。
社会は70%くらい取らないと合格できない気がする。。

得意の数学はまた50%いかなかったし>_<;
ほとんど社会の勉強に時間つかってたのもあるけど。
数学は4問中3問は完答したい。。
簡単ではないけど、これができないと合格きびしい。

英語はぴったり40%だった。(48点/120点)
去年と同じ点数じゃないか!>_<
まるで成長していない…w
長文読解が難しくてやりきれなかったので仕方ない気もする。
英語も50%(60点/120点)超えたい…。

国語はいちばんひどい…。毎回だけど。
どうやったら40%取れるんだろうかってかんじ。
現代文の採点基準はほんとナゾなのだけど、
ただ要約するだけじゃ点をくれない気がしてる。
小手先のまとめ技術ではなく、「私は現代文を研究してるんですよ」
って姿勢を解答に示さなきゃいけないような…そんな気もした。
東大教授の書籍とか探して読もうかなあとか思ったり。



☆ ☆ ☆ 


合格発表当日はまったくご飯も食べれないくらい落ち込みましたが、
翌日の昼くらいにはカレー食べれて元に戻りました。。

東大受験は趣味みたいなものとして考えることにしました^^;
NARUTOのカブトが中忍試験を何度も受験してるような…そんなかんじw

何度もやればいつか受かる…なんてレベルじゃないと思ってるけど、
とりあえずまだ挑戦する気ではいます。

ほんとあきらめわるいねw
これは自分の良いとこでもあり、わるいとこでもあるのだけど。



 





Copyright © 2017 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved.