Nicotto Town


ウイルス戦争怖い


中国共産党と繋がりが深い国が武漢肺炎の温床に

https://www.youtube.com/watch?v=eVQuJVelZxU
武漢肺炎は韓国が撒き散らした、との北朝鮮報道。
やっぱり韓国が犯人だったか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
https://youtu.be/VBxFQccdt_w?t=99
志村ケンは武漢肺炎に感染したくて夜の店をハシゴしていた、との情報

酒場から客が少ないから困っているという電話を受けてガールズバーなどをハシゴしていた志村ケン。
彼は武漢肺炎に感染したくて、そういう無謀なことを繰り返した と無責任に言い放つ記者。
一体、どこからの情報だろう。
酒場で志村ケンが冗談で言ったセリフを真に受けたとすれば、この記者はとんでもない輩ではある。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200406/k10012370091000.html
飼育員が武漢肺炎に感染したまま仕事をしていたらトラ、ライオンに武漢肺炎がうつったとの事。
犬、猫に武漢肺炎が感染した事例もあり、動物と人間が武漢肺炎に感染する事を思えば野生動物全般に武漢肺炎は感染する能力があると見ていいだろう。
つまり中国が作ったウイルス兵器は無敵の感染能力があったのだが、日本政府は「ヒトヒト感染はしない、日本人に感染した事例はない」などと事実誤認を繰り返していた。
野生動物に感染するなら家畜にも武漢肺炎は感染する。
人間が武漢肺炎にかからなくても家畜、犬、猫が武漢肺炎ウイルスを保持し続ければインフルエンザ以上の万能性で感染を広げられる。
中国のウイルス兵器は最強の性能を有していることになる。
そしてジャングル奥地に住んでいた原住民にすら武漢肺炎は広がっている。
どうやらウイルス感染した医者が原住民の調査をしている時にうつしたらしい。
アフリカ諸国でも武漢肺炎は流行しつつある。
武漢肺炎がウイルス兵器であると研究者たちは調査結果を出していたように思うけど、今や世界的にソレは公然の秘密になっている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
https://www.youtube.com/watch?v=NtLdqCG2WlU

初期において武漢肺炎が大量発生した国は中国の経済進出を容認していた国だと指摘。
それではなぜ米国は今、世界で一番の武漢肺炎大国になったのだろう。
何とも不思議な話ではある。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
国土交通省の佐々木紀政務官が「新型コロナウイルスの蔓延を日本政府の責任にするな」とツイート。
4月3日まで外国人の入国を漫然と放置していた事を棚に上げウイルス蔓延は日本国民の自粛意識の無さが原因だとする官僚の無責任な発言。
中国人の入国拒否を打ち出したタイミングも世界で最も遅かったような気がする。
安倍総理は空港から次々ウイルス感染者が入国するのを傍観していたのではないか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57692620W0A400C2000000/
イギリスのジョンソン首相が緊急入院。

ヨーロッパは中国の5G通信システムを導入するなど中国経済との結びつきが強かった。
このため多くの中国人作業員が武漢肺炎をヨーロッパに持ち込み伝染病を蔓延させていた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Bunny Boy'sが地下室でファンを集めてイベント開催。
密室でクラスター感染が広がる、と物議を醸した。

アバター
2020/04/07 04:10
マスクもせずに咳をしまくるオッサンがイオン、病院、各店舗で無数にいる。
コメントを違反申告する
アバター
2020/04/07 02:34
今やどこでどう感染するのか?予想もつかない状態になっちゃった・・・
コメントを違反申告する
アバター
2020/04/06 11:43
問題は志村ケンが酒場で「感染するために飲み歩いている」と言った事があるのか。
酒の上での冗談だったのか。
コメディアンが言うことを一々記事にしていたら事実誤認を繰り返すことになる。
コメントを違反申告する
アバター
2020/04/06 11:41
こういうデタラメばかり報道関係や新聞関係の奴等はその記者炎上でしょうね。
コメントを違反申告する
アバター
2020/04/06 10:58
確かに志村けんさんは生前ハシゴしてましたこれは有名です。しかし健康に気を使う人でした感染したいからハシゴした何てデタラメ訴訟物ですね。
コメントを違反申告する



月別アーカイブ

2020

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010


Copyright © 2020 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved.