Nicotto Town


ふぉーすがともにあらんことを、あなたにも。


ギリシャ神話の読み方

ギリシャ神話には、いろいろな訳がありますが

日本で出版されているものなら

ブルフィンチ作の、現代語訳っぽいの か

アポロドーロス作の、原書に近いようなものが

おすすめです。

そのうちの、アポロドーロス作の読み方について。

ギリシャ神話などに出てくる神や人物の名前は、
すべて名前に意味があります。

つまり、愛の神、南風の神といった具合にです。

アポロドーロス作の本には、
現代語に訳した名前の部分もあったかと思います。

名前も、文章の一部なのです。

なので、名前の意味だけで読む必要がある部分が出てくる。
名前だけの羅列で1ページ埋められている文章もあります。

名前の意味を意識して読むことで、文章に幅がでます。
と、同時に

ギリシャ神話がすべての物語の原書である
というのは

名前が世界標準だからということが考えられます。

つまり、名前を指定してしまうと
だいたい描かれ方も一緒になってくる。

世界中で使われている言語・名前には
だいたいの共通点がありますから、

それを定めた
(というか影響力を持っている)ギリシャ神話は
世界のオメガとも言えるものです。

(つまり、原典であり原点です)

名前に違和感を感じてしまうと、
物語に没入できなくなる。

名前をある程度共通性の高いものにしようと
思うと、

どうしても古典、特にギリシャ神話に似通ってくるわけです。

ギリシャ神話は、半分名前で語っているとも
言っていいぐらいです。

名前に意味があります。
その名前・場面を意識しながら読むと、

より深く理解できるのではないでしょうか。

場面の意味や登場人物の名前を意識すると
さらに深く理解できます。

恐らく、どういう読み方をするよりも
手に取るように分かるのではないかと思います。

アバター
2013/11/19 09:20
ラテン語なら

翻訳家のセンスにもよりますが
日本語訳の本でも

ラテン語原書なら十分に参考になるかと思います~

用語とかもラテン語でしょうし~

サンホラさんは
クラシック基調なんですかね~

きっとしっかり勉強されたのだと思いますよ~

アポロ作のは割と古文に近い感じで
ヘシオードスの神統記は
さらにその原書ですね~

詩みたいな感じです~

詩の参考にするならそっちを読んでもいい~

捻くれた啓発書・参考書より、

古典のほうがよっぽど理解の助けになります~


苦しいときは、手軽な本に助けを求めがちですが、

ちょっと手を伸ばせば、古典が雄弁な助けになるのですがね~


余談ですが)スターウォーズも、古典ベースなんですよね~
それでギリシャ神話を読もうと思ったのですが、

最初は理解できずで……

書いてある名前の意味も文章に含める読み方をしたら、
意外とすんなりと読めましたとさ、という話です~´・ω・)
コメントを違反申告する
アバター
2013/11/19 02:09
お久しぶりです。
ギリシャ神話大好きです。

もともと、ギリシャ神話や聖書、神曲など好んでいたのですが、SoundHorizonが好きでその中に神話をモデルにした音楽があり、その為より一層ギリシャ神話が大好きになってしまいました(笑)

アポロドーロス作は結構人気?というのかより知られているようですが、私が読んだのはもっと簡単に纏められ多ものだったので、一度探して読んでみようかと思います。
ダンテの新曲も読みたい!こういうのを色々読んでいると一度ラテン語の勉強をして、ラテン語バージョンも読んでみたいと思うのですが、いつも思うだけでラテン語勉強には行き着きません(笑)
学生の頃の図書室がいかに宝の山だったのかを実感させられます。
コメントを違反申告する




Copyright © 2020 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved.