Nicotto Town


ふぉーすがともにあらんことを、あなたにも。


ゲーム外設計のことをしてみる

ゲーム外のことをすると、
宇宙が広がります。

というか、すべてが思い通りになります。

といっても、世界を力で支配する神になれるわけでは
ありません。

一人一宇宙で自分の世界、宇宙があるとして
その宇宙は自分の思い通りになる、というわけです。

方法はいたってシンプルです。

ゲーム外のことをしてしまうだけです。

ちょっと説明させていただきます。


私たちの身の回りのものは、
ほとんどゲームです。

会社、給料、学校、家での遊び、
あげくの果てには家事や家計まで

すべてゲームです。

ここでいうゲームとは、
ひとつの形態になっていて
それがシステムになっているものです。

言い換えれば、他人が作った概念です。

人間は、本来他人が作った概念の中で
うまく生活できるようにできていません。

どうやって適応するか、というと
自分を押し込めたり抑えたりして
うまく適応したかのように自分を騙してしまうのです。

それって、果たして本当に幸せでしょうか?

それは、ただ既存のゲームの中で
うまく幻想にめかし込まれているだけです。

化かされているし、騙されているのです。

つまり、ゲームというものは、
既存のシステムではその中では与えられた目標しか
達成できない、というわけです。

ここから抜け出す方法はいたってシンプルで、
ゲーム外のことをしてしまうだけでいいのです。

ゲーム外のことをするには、
ゲームのすべてを見渡した上で
その外のことをすればいいだけです。

もちろん、ゲームをすべて見渡す(知っておく)
必要があるのですが、

それは意外と簡単です。
ひとつのゲームに関して、
極めればいいのです。

例えば、スポーツでもいいですし
下手するとオンラインゲームでも構いません

学問の一分野だっていいのです。

何かひとつの趣味でもいいのです。

ひとつのゲームに関して知り尽くすと、
他のゲームも見えるようになります。

そのゲームの抽象度(レベル)が高ければ、
他のゲームすべてを見渡すことが可能です。

ここでいう見渡す、とは
知っていることと同じです。

知っているとは、リアルにそれを知覚できる、
という意味です。

すべてを見渡せる、ということは
すべてを超越できる、というわけです。


で、肝心のゲーム外のことをする、
ということですが

なにかひとつ思いつきで動かしてみる、だけで
OKなのです。

ゲーム内のことを知った上で、
なにか思いつきで動かしてみる。

もちろん、ゲーム内のことを知り尽くしていないと
思いつきで動かすこともできませんが、

とにかく何か思いつきで動かしてみるだけでOKなのです。

ゲーム外のことをすると、世界が広がります。





Copyright © 2020 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved.