Nicotto Town


ふぉーすがともにあらんことを、あなたにも。


フォースに導かれる方法

突然ですが、フォースに導かれて、って何のことだか
分かりますか?

分からないという人も大丈夫です。要は、直感のことなのですから。
フォース(いわゆる生命体エネルギー)に導かれる感覚というのを
感じたことがあるという方も多いと思います。

フォースに導かれる、というのは直感に導かれる、ということと同義です。
人間の上位概念にフォースがあって(正確には情報空間の上位概念)
地球上のいや全宇宙のすべての生き物はフォースで統合されています。

感覚的に統合されている、といった表現がどちらかというと正しいのですが、
要は考えるのをやめていった世界に直感だけの世界(直感が分かる、感じ取れる)
世界があるというのです。感覚で統合されている、ですから抽象度のほとんど
高いところで統合されている、といっても過言ではありません。

直感がすべてを教えてくれる、のですからまるでスターウォーズのジェダイみたいですね。
あれは絵空事ではなく、実際に人間の脳として起こり得る、いやもっとも一般的な現象とも言えるのです。情報空間が人間の上の空間にありますがフォースと表現しているものはさらにその論理的な言語処理を超えた空間にある、要は直感の世界です。
かといって言語処理はあるのですが、ロジカルに考えていたときとは別の、
もっと素早くてナチュラルな空間です。まぁ、感覚が論理というか思考を統合しているので
当たり前なのですが、まさしく、「フォースに導かれる」といったようなそんな世界です。

直感をよく物理的現象で試そうという人がいますが、あれは試す方法としてちと間違っています。物理空間で試そうとすると、どうしても危険やケガなどの物理現象の抽象度まで思考が下がり、(物欲に捉われる場合も同じです)結果として「結果」を考えた場合に失敗する(アナキンやルークと同じ)パターンに陥る可能性が高いです。物理的抽象度に囚われると、どうしても結果(しかも人間がそれを想像するときは大抵悪い結果)に思考が行ってしまい肝心の作業の精度が下がります。よく仏教の悟りの修行でも同じですが
「今に集中しろ」というのもあると思います。これは物欲などの煩悩が入ると目の前のことに真摯になれなくなるからで、物欲に囚われたそれというのはかなり作業の精度は(おろか、その本来の意味まで)落ちることになります。目の前のことに直感で向き合うということは、そこから始まっているのです。

いきなり直感で向き合おうとすると、失敗します。それは失敗したほうが直感を磨くには現実的にはいいからで、まず直感とは何か、フォースとは何かについて深く思考を巡らす必要があります。ジェダイの修行は、瞑想や座学から始まっているのですね(笑)取説を読まないと使い方が分からないように、まず直感、フォースとは何か、の部分から始めないと使い方を理解できないのです。生半可な理解のまま直感を試そうとすると、当然運動など物理的なことになってしまいますから多くの場合失敗します。なぜかというと、前述の通り最初は失敗したほうが、上手く行く可能性が高いからです。それに、失敗したほうが悪ふざけの類というものは本人のためになるもので、脳というか直感は最初から分かっているのです。なので物理的にフォースを試そうとして失敗したら、それは「フォースが教えてくれている」と思ったほうがよいのでしょうね。あくまで地球には地球の物理法則があるので、それを破ることはできませんがそれに束縛されることなく自分のイメージすることをできるようになるのは間違いないでしょう。実際、瞑想や哲学などの分野はその扱い方を学ぶものといっても過言ではないくらいです。

フォースの使い方といってはなんですが扱い方については以上です。
「フォースに導かれる状態」というのは感覚がすべて直感で統合された状態で、その状態(直感を完全に信じきるところまで)行くには相当な年月がかかります。(かからなかったとしても、相当な修行量が必要。)苦行などの修行をする必要はありませんが、瞑想と座学は必要です。なので本を読むなり、思考を巡らすことは日々必要なわけです。直感で動けるようになるには、知識・論理をまず統合してそれを使う領域まで行かないといけません。
ただ、これをどうやるかというと答えは簡単で、単純に直感で動けばよいのです。いきなり直感で動くと物理空間で失敗しますが(当然物理的に失敗してもケガなどしない状況でやってください)、そのうち慣れていってどういう法則性でそれが動いているか分かるようになります。そこまでいったらあとは直感に預けるだけで、自ずとそれと周りとの関係性が見えるようになります。(これを仏教用語で縁起ともいいます)直感を統合するにはまず知識が必要ですがその知識を得るのにもフォースは使えます。すべては学ぶ人の態度にあるのでフォースは遠慮なく教えてくれることでしょう。それも、フォースというか直感を使う方法です。直感を使うには、まず導かれる必要があるのですね。(くれぐれも、物理的なことを試そうとしてケガなどしないでください。いちいち責任は取れません。)





Copyright © 2020 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved.