Nicotto Town



大和糾合

も」
「あの公方様も」
 足利義栄のことだ。まだいることにはいるのだ。。
「うむ、全て破れてじゃ」
「三好殿と共に四国に落ちるしかありませんか」
「破れたうえで」
「少なくとも三好殿は近畿を失う」
 このことも間違いないというのだ。
「もっとも三好殿は諦めることはないだろうが」
「ではですな」
 また隆元が言ってくる。
「四国に落ちてもすぐに」
「戦を挑まれるであろうな」
「その時には今以上に力を落とされていると思いますが」
「だれがそれでもじゃ」
「三好殿は織田殿と戦われますか」
「三好殿にも望みがあるし意地がある」
 この二つがあるというのだ。三好にもだ。
<a href="http://www.yzhddy.com" title="http://www.yzhddy.com">http://www.yzhddy.com</a>
<a href="http://www.yzhddy.com/pradaプラダ-1yau-1.html" title="prada 財布 新作">prada 財布 新作</a>
<a href="http://www.yzhddy.com/折りたたみ財布-1yau-4.html" title="人気問屋">人気問屋</a>
「そしてその二つ故にじゃ」
「三好殿はここで破れても織田殿と戦われますか」
「それでも」
 家臣達も唸る様に言う。そしてだ。
 元就は今度はだ。こんなことを言ったのだった。
「して我が毛利はじゃ」
「はい、どうされますか」
「我が家は」
「織田殿とは揉めぬ」
 これがだ、元就の考えだった。
「そもそも毛利家、わしは天下なぞ望まぬ」
「ですな。天下までは」
「そういったものは」
「うむ、決して求めぬ」
 まさにそうだというのだ。天下はだ。
「天下を求めればいずれその野心に操られることになりかねぬ」
「だからこそ野心に惑わされぬ為にもですな」
「天下は」
「うむ、求めぬ」
 こう言ってだ。元就はこのことも断言した。
「この山陽と山陰はともかくとしてじゃ」
「天下までは」
「そこまで欲をかくと恐ろしいことになるわ」
 こうも言うのだった。
「だからこそ織田殿と接すればそれで東は終わりじゃ」
「では後は西を」
「周防と長門を狙う大友をですか」
「討ちますか」
「それがよい。むしろじゃ」
 元就の目が光った。そのうえでの言葉は。
「攻めた方がよいであろうな」
「こちらから逆に九州にですか」
「あの場所に攻め入るのですか」
「そうじゃ。まずは尼子を倒し大友を脅かしじゃ」
 その両家が毛利の今の主な敵だった。そしてその他にもだった。
「備前や備中、備後に美作もじゃ」
「ですな。あの国々も手に入れていきましょう」
「大きく出ますか」
「大きく出るが天下は望まぬ」
 ただ領地を広げるだけだった。元就が目指しているのは。こう言うと北条と同じだった。北条にしても天下を目指してはいないからだ。目指すのは関東だけなのだ。
 その元就がだ。また言うのだった。
「織田とも出来る限りは揉めぬ様にするぞ」
「しかし織田信長はです」
 隆元が話す。
「天下を目指しているのならやがては我が家とも」
「そうやも知れぬな。しかし大事なのは家を保つことじゃ」
 戦よりもだ。それだというのだ。
「ではよいな」
「織田殿と戦をするよりもですか」
「家を守る為の戦はするがのう」
 天下を目指す戦はしないというのだった。こうした話をしてだ。
 元就は己と同じ緑の服の者達にだ。こう言ったのだった。
「あくまで毛利家と民を守る」
「畏まりました。では」
「その様に」
 家臣達も頷きだ。主の言葉に応えた。そしてそのうえでだ。彼等もまただった。信長を注視し彼等の今後のことも考えていくのだった。

 滝川は松永の案内を受けて大和に入る。その傍らには雪斎がいる。滝川はその彼に尋ねた。
「和上はどう思われるか」
「あの者のことでございますな」
「左様。松永弾正だが」
「危険でございますな」
 かなり剣呑なものに対する目になってだ。雪斎は答えた。今彼等の前に




Copyright © 2021 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved.