Nicotto Town



テレワークとスティーブアルビニの話


動画投稿一般化に加えテレワークの普及で手頃な機材が大量に出回ってる。
Webカメラもヘッドセットも持ってないので少し検索して眺めてみました。
ああなるほど、オモチャですね。だからどのWeb実況も音がショボイんだな。

まずカメラ、なんで広角ばかりなんだろ……会議や実況用じゃ仕方ないか。
5m程度離れた距離でカメラ構え35mm換算で90mm前後の単焦点の望遠を使い、
バストショットを撮ったときのパースペクティブが望ましいんですけどねぇ。

ヘッドセットのマイクは無指向性のコンデンサーばかり。子音が強調され、
定在波みたいな周囲の小雑音も律儀に拾うから、全く好ましくない。
単品マイクにも無指向性が多いのはやはり、会議や実況を意図してるからですか。

動画の撮れるデジカメは数台持ってるからカメラは不要なんだけど、
PCに繋げるマトモな単一指向性のマイクがないものかと探しましたが、
USB接続の物は大概、少し良くできたオモチャですね、諦めましょう。

セッティングと録音法が大きく影響するから、いいマイクってのは形容矛盾。
昔、スティーブ・アルビニ狂の知人が彼と同じマイク買おうと予約してたなぁ。
1本20万以上、ドラマーなので何本必要になったかは不明です。

アルビニのバンド、シェラックを聴かせてくれたのもヤツだった。
グランジ全盛後のビッグブラックやレイプマン(!!)は苦手なんですが、
シェラックの研ぎ澄まされたバンドサウンドは大変好きになりました。

ジャーマンの雄CANの影響もありそうな、ソリッドなミニマル的ロック。
音がどれも良く録れてるんですわコレが。すぐ大流行して模倣され、
今ではアルビニのセッティングを模したDAW用アプリまで出てるそうです。

絵に描いたようなライブ感がイイんです。スタジオで生音聴いてる感じで。
アルビニはデモ送って気に入ると、誰の録音でも安価に引き受ける。
酔狂な人、アルビニのスタジオからテレワークに参加したらどうでしょ? 





Copyright © 2021 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved.