Nicotto Town



黒歴史?映画を観てみた

現在発売中のTVブロスに1pだけ(P90)ラナさんのインタビューがあり、「一回だけ歌って踊るタイプの映画にも出ましたけど全くダメでした(笑)」と語っている。


というわけで、ラナさんの2011年の映画「

Nenu Naa Rakshasi

」をざっと書いてみる。

「私と私の中の悪魔」というようなタイトルらしい。

言葉もろくにわからないまま観たので細かいところはあれだけど…

「インド映画はストーカー映画」というのは本当だな。

主人公のラナさんは、殺し屋であるらしい。
だが、警官のスッブ(クマラ役。高確率でラナやプラバースの脇を固めてる)と仲良しのよう。

スッブは、youtubeで自殺動画をアップするアカウントを追う任務に就く。

一方、ラナさんは墓地で見かけた美女に興味を持ち、追い始める。

いや、ストーキングを始める

ある時、駅で彼女が男たちに絡まれていて、その男が自分のターゲットと知り、マスクをしてその男を殺害。

白昼堂々過ぎる犯行で、警官に囲まれたラナさん、なんと彼女を人質にする。

応戦しながら腕の中の彼女を見つめてうっとりするラナさん。

目だけでも、かっこいい。

やってることは最低なのに、困ったことに隠し切れないかっこよさ。

さらに歌って踊りながらストーカーを続けるラナさん。

しかしいろいろあって、このラナさん自身が自殺を考え、件の自殺動画アカウントに撮影を依頼、廃墟で自殺をすることになる。

自ら腹にナイフを突き立て、のたうちまわるラナさん。

迫真の演技で、かっこいい。
のたうちまわっても、かっこいい。

ところが、撮影をしていた女の覆面が外れ、自殺動画ユーチューバーが、自分がストーキングしていた女性だと気付くラナさん。

…お互い口元を隠しただけでは全然隠れない程の超絶美男美女なのに、気づかないものなんだなあw

俄然生きる気になったラナさんは
「お願い、病院に連れてって!」と懇願。
彼女はびっくり。
自殺を撮りにきただけなのにそんなことを言われても…

うん、よく考えたらかなり情けない状況のように思うけど、こんな懇願をしても、ラナさんがかっこいいんで困る。

力尽きるラナさん、それを撮り終えて廃墟を出る彼女…

そこでインド映画名物休憩タイムに。

★(以下、ネタバレ有り)

そこからが、本格ストーキング映画にw

いきなりホラーか?サスペンスか?と思った。
行く先々で、どころか彼女の家にまで入り込んで待ち受け驚かせるラナさん。

幽霊かと思ったが、どうやら彼は生きていて、更に元気に彼女を追いまわしはじめたらしい。

それにしても目を見張るほどかっこいいストーカーである。

あれこれあって、スッブに追い詰められた彼女。

手を取り逃亡を助けるストーカー。

2人は、いきなりイタリアのベニスに逃げるのであった。

…水の都ベニスは美しい。

映画は観光モードになる。

インドではスッブが大変そうなのに、観光を楽しむ犯罪者カップル…かと思いきや

ホテルを一部屋しかとらないラナに彼女激怒。

…こんな事になっても、まだユーチューバーとストーカーという関係なのか。

またあれこれあって、美しいベニスの街で呑気に踊る2人。

…さすがにもう、恋仲なんだよね??

ホテルの、ダブルベッドで寛ぎながらテレビの映画を観る2人…彼女の膝枕状態から、迫り始めるラナさん。

取り合わない彼女。

……すごいな、こんな状態でもまだ一線は超えておらず、ストーカーを卒業できないラナさん…

さらにベッドに押し倒すラナさん。

いや情けないというか最低というか…

しかしそれでもかっこいいというのはどうしたことか。

大体、バーフバリでも相当アレな役で、「この役をやったらもう自分は結婚できないのではないかと思った」と冗談を言ったラナさんだが、結果的に日本をはじめ多くのファン、それも女性ファンを獲得したし、「トイレブラシを持たせたら銀河一のかっこよさ」などとも称賛される、のはや手の施しようがないほどのかっこよさ。

ダンスシーンは本当に微妙…だが、立ってるだけでかっこいいのにこんなにがんばっているところも好ましく、常にワンテンポ遅れるのは、きっと手足が長すぎるからだと温かい目で見てしまう。

さて、互いが親の仇という悪役も、そしてスッブもベニスにやってくる。

ラナさんはここでアクションにも挑戦。
スナイパーだけだと思ったら、なんかアクションスターみたいに闘っている。かっこいい。
しかし、この細い腕で鉄パイプを受け止めて曲げるというのは…w

そして、自分自身が自殺したいと考えるようになっている彼女とラナさんは、何故かイースター島へ。

いや、さすがにむちゃくちゃだ…
ベニスからイースター島って、

ベニスに、モアイに囲まれる公園でもあるのかな…

そして二人は仲良く自殺動画を撮り…もしかしたらネット中継?
やっと、彼女は「愛してる」というのだった。

そこに駆けつけるスッブ。

数年後、刑を終えた彼女を迎えるラナさん。
…受刑中もずっと彼女を追い続けたストーカーの鑑。

(殺し屋の彼の方が罪に問われてないのは不思議だが)

いや、それなりに面白いんだけど。
自殺動画をアップするユーチューバーという題材はなかなかいいし、現実離れした話もなんとなく楽しめた。
美男美女って、それだけでもいいな。



アバター
2018/12/29 22:48
どんどんていさんようこそ~今年もお世話になりました。

私は年末年始大忙しの業界なので、どたばたしながら日々インドから流れてくるラナさんプラバースさん情報に振り回されてます(^_^;)
なお、今発売中の雑誌ananでもラナさんのインタビュー記事が出てて、まあ、見た目はともかく、この人の謙虚さ、ストイックさ、聡明さに感銘を受けました。
既に、この若さで南インド映画業界を牽引する立場になってるし、冗談抜きに、いずれインド首相くらいなるかもしれない大人物です。

す、ストーカー?
大丈夫、映画を観るだけですからw
宿泊したホテルもロケ地も勤務地の近くだけど押しかけなかったし、巡礼もしてないですよw
熱心なファンは、そのホテルのアフタヌーンティー6500円に行ったようです。
コメントを違反申告する
アバター
2018/12/29 12:19
こんにちわ~

今日から年末年始のお休みに突入です
1月6日までの大連休 特に予定はないけど幸せです(*´艸`*)

ラナさんのストーカー映画
ツッコミどころは沢山ありそうですが
ユーチューバーを題材にするってのはいい感じですね

インドの近代化はインドの方と仕事をしたので知っていますが
やはりイメージ的に街では家畜が当たり前のように歩いている
川で入浴・洗濯が行われている様子が目に浮かびます
なので現地で人気が出そうにない題材な感じはしますけど
ラナさんが演じれば話題作になるんでしょうね

しかしついに翻訳どころか字幕もない映画にまで手を出してしまったとは・・・
ほやさん自身がストーカーと化してしまっているのかも~


今年の書き込みはこれで多分最後になると思います
良い年をお迎えくださいね
それでわ~
コメントを違反申告する




Copyright © 2020 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved.