Nicotto Town



今度のランヴィール・シン

今度のランヴィール・シンは、胸毛無し腋毛ありだ。


https://youtu.be/0MM-gPLnpyc

新作「ガリーボーイ」が、日本で10月に公開される!

9月5日には、監督(女性らしい)の舞台挨拶付き先行上映もある。ふふふ、チケットはゲットした。

バーフバリでインド映画に触れ、あれこれ面白そうな円盤を買い集めているが、気づくとランヴィール・シン主演作のブルーレイを4枚も持っている。

これはもう、ファンといっていいのかな?

インド映画の俳優は、役作りの為に体形、髪型、髭はもちろん胸毛や腋毛まで変えてくる。

最初に見た「銃弾の饗宴」でのランヴィール・シンはこうだ。
https://youtu.be/ovJ2Hp5n350
上半身つるつるセクシーボディの伊達男。

次に、その人が出てると知らずに買った「GUNDAY(ならずものたち)」は、男の胸がボインボインと揺れまくると話題の映画で、こちらのランヴィール・シンは、マッチョでワイルドで、つるりとした胸が本当に弾みまくる。
https://youtu.be/-Dby8p6mZhY?t=266

そして岡山でも9月13日公開の「パドマーワト」では、人の妃に横恋慕して、「顔を見たい」と戦争を仕掛けるという、はた迷惑な、しかし魅力的なイスラムの王を演じた。
https://youtu.be/9aoUpCXY7uk
胸毛だ。
胸毛のランヴィール・シンだ。

そして、いささか貫禄のある体形に仕上げてある。

悪役だが、実質主演。

本人が精神を病むほど役に徹し、しかも結構笑いもとる。
凄い役者さんの一人なんだよね…

そして、次に来るのがインドの貧民街に住む青年がラップで人生を変える物語…

で、冒頭の「胸毛無し腋毛あり」に驚いたのだ。
いや、貧民が腋毛処理していたら、確かにおかしいよな…(;^_^A

そういえば、Ranaさんの映画でも、冒頭のシーンではあった腋毛が、途中から消えた。
そこに制作意図があるだろう。きっと。

さて、貧民からこのキャラクターの体毛や体格がどのように変わるか、腋毛に注目しながら鑑賞を楽しみにしている。


アバター
2019/08/30 06:11
どんどんていさんようこそ~

えっ…暗い…かなあ…?
ラップの話だし。
「シークレットスーパースター」は、少女の父親のDV描写が凄まじいけど、後半は爆笑されていたくらい、インド映画ってなんだかんだでユーモアセンスが素晴らしいですよ。
そして、応援向きかなと思うのだけど…
コメントを違反申告する
アバター
2019/08/29 21:54
こんばんわ~

ここのところ西日本はずーーっと雨
おかけで気温は低くなったのに蒸し暑くて涼しさを全く感じられない
以降の予報もずっと雨
このまま続くと日照時間足りなくて米不足になりそう


さてガリバーボーイ
珍しく女性監督の作品なんですね
今まで紹介されてたインド映画とは一線を画した感じで
暗~~~い感じの作品ですね
これは私としてはタダでも見たくないかな
こういう雰囲気のやつは無理なんですぅ~

流石に絶叫応援上映は無理でしょうし
紙吹雪を使っての盛り上げも不可能!
インド映画ファンの方もこれは疎遠されるのでは?

やはりインド映画はバーフバリに代表されるような
大人数を導入したド迫力作品であって欲しいものです
ちなみに体毛は私は気にしませんけどねwww

それではまた~
コメントを違反申告する




Copyright © 2019 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved.