Nicotto Town


感情の破片・・・ 。 


作詩



想いもよらなかっ た  ?
だけど どこかでは 悟【し】っていた


来る日までは 考えなかったけど
・・・あまり に  突然  過ぎた


昔でいう ただの紙切れで ある日 伝えられた


普段は 軽い 文章【もの】が
私には 重く 感じ た



『 ここ でな。。。ら 』

折角 用意したのに そんな 瞬間に限っ て

あふれてはいても 想い切り だせなかった





ふと きこえてきた 音楽は どこか
優しい・・・ね

初めて ポロリ と こぼせたん だ
頬からの こっそりの 雫【もの】




散々 離れて いたくせに ちょっとだけ
幼い 時期の 想い出が よみがえり

録画してた ドラマと 重なりそうで
すぐには みれなかった

悲しくないフリを して なにげない メールを 返して た


だけど
ポロポロと 今 いきたいの に

いけないんだ  わた し



ふと きこえてきた 音楽は どこか
優しい・・・ね

ずっと 聴くことを ためらっていたの・・・は
ポロリが 怖かったのかもしれな い



来る日までは 考えなかったけど
・・・あまり に  突然  過ぎた



ふと きこえてきた 音楽は どこか
残酷だ・・・ね

初めて ポロリ と こぼせたん だ
頬からの こっそりの 雫【もの】


いつもなら おめでたい年【の、はず】 なんだけど
おめでたい瞬間には  とても なれなく て


普段は 軽い 文章【もの】が
私には 重く 感じ る



ある日 ちいさく 耳に きこえてきた 音楽は
すごく 陽気なのに 頬からの こっそりの 雫【もの】を

誘ってくるん だ




ぽ・・・ろ  って ・・・ね






『 紙切 れ 』









Copyright © 2021 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved.