Nicotto Town


感情の破片・・・ 。 


余暇の中の 作詩



ほんのり の 微熱・・・で
想い出 した 

ちょっとだけ 時間 旅行に 連れてってくれ る




限られた 1時間の 中  無口 に 二人 
本を 読み合う 瞬間 の 愛し さ  よ

毎日 変ることなどないと 想っていた
なんだか 眩い 日



( I want to walk, but I can't take it. 

It's a good thing.  )



距離を 縮めた・・・ら
簡単に 壊れてしまいそ う


漢字だらけで 1ページ も  めくれな い  時間 に
刻々と 引き裂かれ てゆ く



ぽつぽつ と 雨が ゆっくり 音を 奏で た
もう少し だけ 暑く なれ ば 

あの時期 が  来る


ただ

会いたさだけ・・・に
理由を 作って 慣れない 本なんて 広げて

・・・会い に  行って いた 



( the pale days   )  


通りすがりの 雨の 様 で



ほんのり の 微熱・・・が
静かな 余暇を 呼び 寄せ る



Ah

( Everything is watching dreams  )


ほんのり の 微熱・・・が  あるから

ちょっとだけ 時間 旅行に 連れてってくれ る



嗚 呼

余暇の中の雨に ひとり 浸りなが ら
sudden shower  を 味わうん だ



距離を 縮めた・・・ら
簡単に 壊れてしまいそ う


漢字だらけで 1ページ も  めくれな い  時間 に
刻々と 引き裂かれ てた


( May this love come true  )  



それから 急に 姿を  消 した 
恋心を 知られたくなく・・・て


ある日 メールで 知っ た
別のひと と つきあい はじめたこと


( i  was  shocked   )







『 余 暇  』





※ 英文が 間違っているかもしれませ; ん

文字が 暴れてしまいま;し た








Copyright © 2021 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved.