Nicotto Town



支援物資

コロナで失業、自宅待機、労働時間削減…。

そんな理由で家賃滞納に陥った知り合いがいる。
カラーセラピーのお客さんでもあるので、ピンチを伝え聞いて胸が痛んだ。

気を使わせないように、安いものを選んで食品を詰めて送った。
いつでもわたしの家に帰ってくるように、って一言添えた。
複雑な家庭だから、血縁のところには帰れないだろうから。

うちのお嬢もまるっと一年コロナニート。
来月、バイト先に復帰できるのかどうか、会社が営業復活するかどうかに
かかっている。

わたしも引き続きニート。お勤めはできないほど体を壊してしまった。
だから、なんとかメンタル系の仕事でと思って努力はしているけど、
コロナもあってますます前に進めず、どうにもジリ貧になる。

でも、今日食べる糧は隣からせしめている分で、なんとかなる。
だから、今日食べる物に困る人に分ける食糧があるのはありがたいことだ。
その日に食べる物も無いということは過去に経験済み。
飢えを知っているからこそ、今、どれだけ苦しんでいる人がいるか、
それがどれほど辛く苦しいことかを思うと、どうにも胸が痛む。
でも、それも自分が今、ギリギリでも今日を過ごせるだけの糧があるから
そんなことを思う余裕があるわけだ。

わたしのすべてを奪って心身をめちゃめちゃにした隣には感謝しない。
けど、
今、コロナの中でもなんとか生活できる状態には感謝してる。

アバター
2021/02/24 23:23
秋コアラさん、そうですね。
私には人助けなんておこがましくてできませんけど、ただ、ナチュラルに人間らしい心持ちで生きたいです。
コメントを違反申告する
アバター
2021/02/24 00:58
酔言多謝m(_ _)m
ヒトは一人では生きられません、しがらみであっても他人とのやり取りで生きる生物です。
相互扶助、菅総理の言うところでの共助、(でしょうか?)、損得抜きでもなくても貴重だと考えます。
お互い頑張りましょう。
なんくるないさ〜。
コメントを違反申告する




Copyright © 2021 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved.