Nicotto Town


100年後に家族に見守られて安らかにタヒね!


HTML5の画面に慣れてきたよ

だんだん操作に慣れてきました

フレームの更新とか再描画に時間かかるけどしょうがない。
ときどき移動先の広場のアドレスと実際に到着した広場のアドレスが
違う事が起こります。毎回じゃないから再現性は無いし、発生条件も
わかりません。これもまあ別にいいわ。

困るのは、表示画面外に座標を置けること。
前からもあったけどこれは治してほしい。
移動先で誰も居ないから無茶苦茶してたら
実は見えない所で誰か居たとかあって、恥ずかしい目にあったよ。
恥ずかしいことする方がおかしいんだというのは置いておいて
ひろばに今、何人いらっしゃるか?知る方法。
ブラウザ クロームだと右クリックで小窓メニュー出ます。
下の方に「検証」ってあるよ。それクリック。
ctrl + Shift + I  でも出るね。[F12]キーでも出るかも。
デベロッパーツールって言ううんだけど その中のコンソールパネルに
私のパソコンがニコタのサーバーとどんなやり取りをしたかの
ログが見えるよ。それを見ます。見難いけど、頑張って見ます。
(デベロッパーツールの下半分がだいたいログ。上半分はプログラム。)
ひろばの出入りが有るたびに中の人数の問い合わせコマンドが出るよ。
msg->: {cmd: "SEND_AREA_MEMBER_CNT", param: {…}} とか。
SENDは送信要求、AREAはエリア、MENBERは会員、CNTはカウント数える
そうするとサーバーから答えが来ます。返答はmsgの横の矢印が逆向いてるね。
 msg<-: ▲(3) [{…}, {…}, {…}]0:
通常は伝文が折りたたまれてるから黒い三角▲をクリックして展開。
  cmd: "RECV_AREA_MEMBER_CNT"data: {count: 2}
  __proto__: Object
  1: {cmd: "RECV_SERVER_INFO", data: {…}}
  2: {cmd: "RECV_CHANNEL_INFO", data: {…}}length: 
  3 __proto__: Array(0)
もっといっぱい表示されるけど省略です。
この応答文の中の  count: 2 ってのが広場内の総人数です。
会員が 2 カウントされました、ってお返事です。
2 という事は私以外にもう一人居るってことです。見えないけどね。
あぶないw あぶないw
最新の(下の方の行から追加更新される)ログを見ないと意味ないです。
出入りが多い中央広場だと観測は難しいです。流れが速い><
閑散としてる広場なら見れます。
ビーチとか多いね。
まあ、いいけどw


アバター
2020/06/18 19:17
こんばんは。読んでて@@;わかんなくなっちゃった(*´∇`*)
そういうお年頃です。
いつもありがとう。
ゆっくり治しますね。またお話してね。
コメントを違反申告する
アバター
2020/05/29 21:30
「北風ニコタ」所属!
私は人間が嫌いですが、チャットは楽しいです。 ニコタでの時間の浪費は明日の活力です。 死ぬまでの暇つぶし。
そういえば「キリンが来る」って面白い。
私の趣味は、未収所得調査です。
台無しにしたい
小さなコロナは衛生意識のない人々を刈り取ります。 経済力のない人でも刈り取ります。
刈り取らないように頑張りましょう。
本当にみんなに死にたいのですが、それは言えません。
英語は話せません。
グーグル先生ありがとう

訳してみましたw
コメントを違反申告する
アバター
2020/05/25 21:58
パソコンがちゃんと使えるといろんなことがわかるんだねぇ
一人だと思って油断してはいけない
見えてるものが全てじゃない・・・
リアルもニコタもそこは一緒なんだなぁ

コメントを違反申告する
アバター
2020/05/25 20:37
補足だよ
デベロッパーツールの下半分の左側にあるメニューで ” messages ” という項目を選んでおかないと
ログは見えないよ。
会員人数問い合わせに対するサーバーからの応答は、一番最初は
▲msg<-: (3) [{…}, {…}, {…}]
これだけなんですが、横向き黒さんかくをクリックして中身を展開すると
msg<-: (3) [{…}, {…}, {…}]
▲0: {cmd: "RECV_AREA_MEMBER_CNT", data: {…}}
  ▲1: {cmd: "RECV_SERVER_INFO", data: {…}}
  ▲2: {cmd: "RECV_CHANNEL_INFO", data: {…}}length: 3
  ▲__proto__: Array(0)
こうなります。この上の方の0番の伝文が  "RECV_AREA_MEMBER_CNT", data: {…}}で
メンバーカウントの応答ってのがわかります。答えは data: {…}なのですがまだ折りたたまれて
表示省略されてるので 0番の伝文をさらに展開します。こうなります。
  ▲0:
 cmd: "RECV_AREA_MEMBER_CNT"
▲data: {count: 1}
▲__proto__: Object
はい、ここの広場の場合は data: {count: 1} で1名しかいない。
つまり私しかいないという事になるよ。
私のパソコンからサーバーへの問い合わせは msg-> が水色文字で出ます。
サーバーから私への返事は紫というかマゼンタ色文字で出るね。

一人の方が好き勝手にじたばた壁登っていられます。いろんな可能性を試したいの!
みっともないけど誰も居ないから平気だもん。
コメントを違反申告する
アバター
2020/05/24 20:23
なんと、広場にいる人数がわかるのですね(`・ω・´*
誰もいないと思ってました・・っ
この技を覚えて、気を付けていこうと思います☆
貴重な情報を、ありがとう!ろろちゃん(´▽`*
コメントを違反申告する



Copyright © 2021 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved.