Nicotto Town


とらちゃぬ


浅煎りコーヒーは早めに落とす

まあ深煎りと浅煎りでは味が全然違うので、コーヒーに深煎り要素(苦味やボディ感)しか求めない人は浅煎りコーヒーは合いません。

浅煎りは高温のお湯で、やや薄い設定(粉を減らすかお湯を増やす)で、ハンドドリップで短い時間(2分未満)で落とすのが、自分的にはベストです。

浅煎りコーヒーは薄い色ですが、味の要素は結構出てるのかなと。
豆によっては酸味が鋭かったりしますが、それだけじゃないのも感じ取れる。
味というか風味というかね、深煎りには無いやつがある。

コーヒーのトレンドとして浅煎りが流行りみたいな時期から少し経って、本当に浅煎りが好きな人が浅煎りを飲むというまぁ落ち着いてきた感はある。

しかし僕の周りでコーヒー飲む人の中に、浅煎り飲む人いないね( ̄▽ ̄;)
まぁ僕だけ。

酸味がやはりダメらしいね。
日本人の味覚的に合わない酸味なのかねぇ。

ネットやYouTuberで浅煎りの方が好きって人も稀にいるんだけどね。

味的にコーヒーダメな人は、まず苦くて濃い感じ(深煎り)がダメだと思うんだけど、浅煎りコーヒーに挑戦して欲しいなぁ。
ほとんど苦くないし全然濃くないから。
コーヒーの概念変わるよね。

自家焙煎までしてる者から浅煎り深煎りを言うと、浅煎りにして(しようとして)芯に火が通ってないと異常に不味いです( ̄▽ ̄;)匂いからして飲めない感じ。
深煎りにし過ぎて芯が焦げると、コーヒーも焦げた味がします。これは飲めなくはないがコーヒーより焦げ味が強い。

↑こんな下手な焙煎で売る店はないと思いますが( ̄▽ ̄;)
傾向として失敗に近いのはそのようになるんだよね。
参考になることがないといいけど‪w




Copyright © 2020 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved.