Nicotto Town


ふぉーすがともにあらんことを、あなたにも。


いちはぜん、ぜんはいち。

牧場の貴婦人

ルーネ―――ルーネ・アラカリクトは
胸が浮き出た濃い灰色から若草、黄色の
ルネサンスドレスに、褐色緑色のリボン、

亜麻色の髪にトンボ玉飾りの髪留めを身に纏い、

「ねぇ、あなた。まだ終わらないの?」
と執事を急かしたてた。

「そりゃね」
執事は言う。

「召使いの女が一人も居やしませんのに、
お...

>> 続きを読む


どうすれば小説をうまく書けるか

どうすれば小説を書けるか。

ここでは、特に自作小説のような
小説のことを指します。

まず最初に、小説は文芸作品である、
ということを言っておかなければなりません。

つまり、説明的な文章ではない、
ということです。

なので論理的にストーリーを組み立てることは
ないにしても
その文体で読者を楽し...

>> 続きを読む


神話の世界にコミットメントすれば、IQが上がる

神話の世界にコミットメントするというのは、
要は神話の世界に臨場感を持つ、

ということです。

つまり、神話の世界のことについて
あれやこれや語れるようになれば、

IQが上がる、ということです。

つまり、頭がよくなるのです。

これにはいくつか理由がありますが、
ひとつは神話の世界は抽象度が高...

>> 続きを読む


【お題小説】「魔境・白銀」

1月も半ば……いや、正確には1月は始まったばかりか。いやはや、申し訳ない。私は魔女のエリザ。

人呼んで白銀の錬金術師。肩書きが二つもあっておかしいと
思われるかもしれないが、早とちりしないでほしい。現在の世の中で魔女をやるには、
錬金術師の肩書も必要なのだ。
銀座&he...

>> 続きを読む


運命のサイコロは神に微笑む

私は澪(みお)。

24歳。フリーランサーでネットのデザイナーをしている。

彼氏はいない。

いや、いたと言うべきか。

あれは8月、去年の夏だった。


―――「みお、クッキー取ってもらっていい?」

彼はそう尋ねた。

「いいよ」


思い返すのも懐かしい。

彼は、よくモノをおねだりするのが...

>> 続きを読む





Copyright © 2019 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved.