Nicotto Town



サーファー御用達(?)のイラケレ


十代後半に嫌っていた人種が三種ありまして、暴走族と大学生とサーファー。何という取り留めのなさか。彼らの聴く音楽も嫌って……いたけどこっそりチェックしていたものです。
地元の族の特攻の一人がテクノ系を好んでいたので、YMOとかクラフトワークとかP-MODELとか完全にバカ...

>> 続きを読む


スマホ嫌いのスマホ教授


叔父がスマホに換えた。先日見せてもらい悩みを聞いた。断ってちょっとだけ操作して……わー、参った。アンドロイドだから一応分かるけど、こりゃ問題山積。
まずアップデート類がかなりたまっている。叔父の家には古式ゆかしきADSL回線と、XPのパソコンしかない。つまり無線類は電話...

>> 続きを読む


真に驚くものは爆笑を誘い美に至る


9歳の私に電車で片道二時間の通院は長かった。帰路、貰っていた駅蕎麦代を面白そうな薄い文庫本に換えた。『どくとるマンボウ航海記』。これが北杜夫との出会いでしした。
二時間、とにかく死にそうになった。爆笑を息を止め堪える。周囲の大人の訝し気な視線は痛いけど、笑いが収まるとまた開く。数行読む。吹き出すの...

>> 続きを読む


露芝に泣き、露芝に笑う


秋の半ばの法事のあと、精進落としをどうしようと悩んだ末、独居の従妹のマンションで親族に手料理をふるまうことになった。マスク会食というのは高齢者にはツライし興もそがれるわけでして。
従妹は部屋を片付けるついでに座布団カバーを新調し、当日飯食いながら可愛い柄を自慢した。通販で頼んだそうだ。色は初秋らし...

>> 続きを読む


下手物/ゲテモノ考


エリュアールとマラルメ、ショパンコンクール、九谷焼の陶象嵌と菊花石、ローランドカークと相倉久人、アンリ・ルソー。今回の散文……いや「惨文」はこんな風に散らかりますのでご容赦を。
まず、詩について。シュルレアリズムの詩は好きです。一緒にユニット組んだ多国語に堪能な詩人も瀧...

>> 続きを読む






Copyright © 2022 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved.