Nicotto Town



グラムシリーズ ボウイ・ボラン・モット


グラムロックというのもございました。
70年代初めは「イカガワシイ!」という第一印象でしたが、
あれこれ聴くにつれ、好きなものもイッパイ出てきました。

デヴィッド・ボウイの映像を初めて見たのは、
『地球に落ちてきた男』のTVダイジェスト版。
カットの嵐で話がつながらない部分がかえってシュールで楽...

>> 続きを読む


ロック少女よ ケースに金かけろ!


最近通う現場のそばに中高一貫の女子校。
この学校、けっこうロック少女率が高い。
ギターケースを背にした彼女らを眺めると頬が緩む。変質者ではないぞ。

ただ、言っておかねばならぬことがある。
「お嬢ちゃんたち、ロックって見た目だぜ!」
「付属の黒ケース使ってんの? 超キモイ!」

…&...

>> 続きを読む


朦朧バンドマンは野鳥と一方的に会話する

朝5時半から庭でゴキゲンに鳴いてる小鳥がいる。
ピッチョ、ピッチョと繰り返す。長三度音程なのでなかなか心地よいぞ。
蒲団でヌクヌクしたまま、数回目から合いの手を入れてみた。

ピッチョ、ピッチョ。

「ぴっちょ ぴっちょ」

ピッチョ、ピッチョ

「ぴっちょ ぴっちょ」

ピッチョ、ピッチョ

「そ...

>> 続きを読む


ポケットにはショパンでしょ?

中村紘子のピアノ、昔はあまりピンとこなかったけど、
数々のエッセイを読んで、近年は好きになりました。
ちょうど今、音楽番組で公開レッスンをやってまして、これが面白い。

少々型破りに見える指導を眺めてるうちに思い出したのが、
くらもちふさこ先生の『いつもポケットにショパン』。
音楽系少女マンガ好きな...

>> 続きを読む


好きな5曲(傑作邦題)

1、屈折する星屑の上昇と下降、そして火星から来た蜘蛛の群れ (D・ボウイ)

アルバムの邦題ですが、『Ziggy stardust』のイメージを魅力的に彩ります。
ピンクフロイドの原子心母と並ぶ日本邦題史上に残る名タイトル。
歪んだギターの華麗なイントロ、立ち昇るボウイのオペラ風歌唱…...

>> 続きを読む





月別アーカイブ

2024

2023

2022

2021

2020

2019

2018

2017

2016

2015

2014


Copyright © 2024 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved.