Nicotto Town



高尾山

沖人さんの部下のYです。若い頃は、「進め電波少年」に出ていた「なすび」に似ていると言われていましたが、今は、「堤真一」にそっくりだと思います。年齢は沖人さんの7歳下だと思います。

昨日、沖人さん、K君、あかりちゃんと高尾山に登ってきました。先週、高尾山に登る予定でしたが、沖人さんがビーフシチューを...

>> 続きを読む


部下の悩み

入社6年目、27歳独身のKです。上司の沖人さんは、僕のことを、入社5年目と言い続けていますが、この春に6年目になっています。

金曜日に、高尾山登山の準備をしていると、沖人さんに「明日の高尾山、誰が参加するん?」と聞かれました。まだ、決まってませんと答えました。すると、沖人さんに、「明日やのに、誰が...

>> 続きを読む


出血大サービス

保と香は水槽の中のテングモウミウシを見ていた。トロピカルフルーツのアテモヤの実が透きとおり、そこにウサギの顔がついたような感じで、ピカチュウに出てきそうな可愛らしさだ。

「ウミウシは何の仲間なの?」
「貝殻を無くした貝の仲間。」

「どうして、ウミウシの研究をしようと思ったの?」
「誰も研究をして...

>> 続きを読む


完結していたが、読者の要望に応えて失敗

保は、手紙を見ながら考えた。このまま、返事を書かなくてもいいと思うが、返事が届かなければ、彼女は、父親から無視をされたと思うかもしれない。父親じゃないことを伝えた方がいいと思った。

ハンカチのお礼と封筒を開いてしまった謝罪、それと父親じゃないことを手紙に書き、父親じゃないことを示すために名刺とアカ...

>> 続きを読む


父の日

久しぶりに青空が広がり、ベランダに布団を干した。雲が一つもない夏空を眺めていたら、マンションの芝生にハンカチが落ちていた。風が強く、洗濯物が飛ばされたのだろう。

洗濯物を取り入れる時に気づくかもしれないが、ハンカチは強い風に煽られている。汚れたり、敷地の外に飛ばされるかもしれない。サンダルを履き、...

>> 続きを読む





Copyright © 2020 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved.