Nicotto Town


人に優しく。


  

可哀そう

野々村はもう泣かなかった。

「僕は妹が可哀そうで仕方がなかった。しかし死んでしまえば人間は実に楽なものだと僕は思って、心をなぐさめている。妹は本当に成仏したのだと思っている。いくら可哀そうに思っても、妹には通じないが、実に可哀そうなのは生き残った人間で、死んだものは、もうあらゆることから解放さ...

>> 続きを読む


かけがえのない人

窓を開ける。

八階です。

私たちの目の前にモスクワの街が広がっている。

空に花火のブーケがいきおいよく舞い上がる。

「すばらしいわ!」

「きみにモスクワを見せてあげるって約束しただろ。そして、祝日には一生きみに花を贈るって約束もしたよ」

ふりむくと、彼は枕のしたか...

>> 続きを読む


お母さん

お母さんなんだ。

一瞬、頭の中が真っ白になる。

亜夜の動揺をよそに、その存在は明るく笑っていることに気付いた。

やれやれ、今頃気付いたの。

やあねえ、亜夜ちゃんたら。

そんな声が聞こえたような気がした——いや、心に浮かんだというほうが近い。

亜夜は自分にあきれた。...

>> 続きを読む


さようなら

小さな王子さまは、ちょっぴりさびしい気分になりながら、はえてきたばかりのバオバブの芽も抜いた。

ここへはもう、二度と戻ってくるつもりはなかった。

でもこの朝は、こうしたいつもの仕事が、いやに心にしみたのだ。

そうして、花に最後の水をやり、ガラスのおおいをかけてやろうとしたときには、...

>> 続きを読む





Copyright © 2021 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved.