Nicotto Town



日本人という存在理由

「In Deep」様からの勝手に抜粋転載です。


日本人という存在理由

~~~転載はじめ

タイトルにした「われわれは日本人のようになれるのだろうか?」というのは、海外でいくつかのブログでそのような主旨のものを目にするからです。その多くは米国人だと思います。

それらの意味をまとめて文章にしてみました。
正確には翻訳ではありません。

モダンサバイバルブログなどより翻訳編集。
http://modernsurvivalblog.com/natural-disasters/civility-during-japanese-disaster/

---------------------------------------

日本での災害発生からメディアを通じて、日本の光景を見続けていた。

恐ろしくて凄まじい災害の光景と共に、われわれが驚くのが日本人のふるまいだ。どの映像を見ても略奪も奪い合いもない。

人々は恐怖と疲労の頂点の中で冷静な判断で淡々と現状を見つめている。


私たちアメリカ人にこれができるのだろうか?

いや、できるかでできないかではなく、私たちはこれらの日本人の態度を学ばなければならない。

これは単なる同情や無意味な賛辞ではないのだ。
災害や大きなアクシデントの際に生き残りたいのなら、もっとも重要なことは、冷静な判断だ。これはとても重要なことだ。

多分、そのことをアメリカ人は忘れている。
ハリケーン・カトリーナの後にどんなひどい略奪や奪い合いが起きたかを思い出しても、今のアメリカ人に、この日本人たちのような態度を期待するのは難しい。

しかし、私たちは学ばなければならない。

アメリカもほぼ必ず同様の困難に見舞われる。

その際に、アメリカに「奇跡」が起きるとしたら、我々が今の日本人のように振る舞えることだけなのだ。


アメリカ人である私たち個人が今の日本人を救うことは難しい。
しかし、私たちはこの日本人の光景を見続ける必要がある。

そしてここから学ぶのだ。
私たちアメリカ人には想像もできないこの日本人の思考を学ぶのだ。


---------------------------------------

ここまでです。

実際にはこれほど理想的なままではないかもしれないですが、災害そのものよりも、
日本人の態度にショックを受けている人たちは多いようです。

私たち日本人はこういう資質を本来は持っていると私は考えています。


~~~転載おわり


ボランティアの皆さんは一人での行動はしないことだ、
グループ行動をとってほしい、特に女の子の方達は。

・阪神淡路大震災 WOMEN'S
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&biw=1024&bih=579&q=%E9%98%AA%E7%A5%9E%E6%B7%A1%E8%B7%AF%E5%A4%A7%E9%9C%87%E7%81%BD+%E5%BC%B7%E5%A7%A6&revid=200274303&sa=X&ei=cpg0TYqTNMTCceSR7dAH&ved=0CGYQ1QIoBg





Copyright © 2019 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved.