Nicotto Town



TPP参加で大儲けを企む住友化学

・・・memo


TPP参加で大儲けを企む住友化学
http://yokodo999.blog104.fc2.com/blog-entry-426.html

TPP交渉参加問題が大詰めを迎えています。これは交渉会議に参加するかどうかの話ですから、取り敢えず参加して嫌なら辞退すればよいという意見がありま す。「口先番長」と言われる前原政調会長がそう述べていますが、交渉に参加したら抜けられないのは判り切っていますから、こんなごまかしに乗ってはなりま せん。

 米国が仕切るTPP交渉に加わるということは、山口組の会合に傘下の組織として参加すると表明しているのと同じですから、断れるはずがないのです。そん なことをしたら、血の雨が降るでしょう。亀井静香氏が言うように、「どじょう一匹」の命を差し出したぐらいでは収まらないでしょう。何しろ相手は、名うて の無法国家なのですから。

 TPPに参加しても、日本の国益にならないことははっきりしていますが、一部の人たちにとってはそうではありません。経団連会長を務める米倉弘昌が率いる住友化学も、その一つです。米倉氏が執拗にTPP参加を求めているのは、このためです。

 住友化学は、遺伝子組み換え作物の種子で有名なモンサント社と提携しています。以下は、住友化学が昨年10月20日に出した広報資料で す。
( http://www.sumitomo-chem.co.jp/newsreleases/docs/20101020_3.pdf )


(中略)


モンサント社は、遺伝子組み換え作物と除草剤をセットにして世界中で売りさばこうとしています。この企業は、遺伝子組み換え作物の種の世界シェアが90% で、種を発芽しない「ターミネーター遺伝子」を広めようとしたこともあります。これが世界中にバラまかれると、農家は毎年モンサントから種子を買わなけれ ばならなくなります。

 モンサントの狙いは、世界の農産物の支配で、住友化学はこんなとんでもない企業と提携しているのです。当然、日本への進出も狙っていますが、我国の農業 は国によりしっかりガードされていて入れません。そこでTPPに加入させて障壁を取り除こうというわけです。米倉氏が旗振り役をしているのはこのためで、 真に判りやすい構図です。

 モンサント社はロックフェラー系の企業で、ベトナム戦争で使われた枯葉剤を製造したことでも知られています。この結果、ベトちゃんドクちゃんのような奇形児がたくさん生まれました。悪魔的な企業で、住友化学も悪魔に魂を売り渡してしまったようです。

 住友化学は、「GEヘルスケア」と「日本メジフィジックス」という合弁会社を作っていますが(出資比率は50%ずつ)、この合弁会社が昨年10月にセシ ウム体内除去剤の販売を開始しています。以下は、その際の日本メジフィジックスの広報資料です。
( http://www.nmp.co.jp /member/note/main247.html )


~~~転載おわり


おまけ

・経団連はTPPをなぜ推進したがるか
http://wildhs.hamazo.tv/e2863055.html
TPP推進の経団連の米倉弘昌会長は、住友化学の会長。
住友化学はバイオ化学メーカーモンサント社(米国)と業務提携をしている。


TPP論者は日本人じゃない!売国奴!
カテゴリ:勉強
2011/10/18 23:51:37
http://www.nicotto.jp/blog/detail?user_id=689818&aid=33331304



・・・ あらら、、、^^;
、、、1日に送信可能なツイート制限数を超えています。数時間後にもう一度試してください。

アバター
2011/11/02 19:30


The Future of Food
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&v=EnD-DiDRIJA
コメントを違反申告する




Copyright © 2020 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved.