Nicotto Town



2011/12/01 師走


12月も よろしくお願いいたします。


新語流行語大賞 なでしこジャパン

ことし話題になった言葉に贈られる「新語・流行語大賞」が、1日、発表されました。年間大賞には、ことしサッカーの女子ワールドカップで優勝した日本代表チームの愛称の「なでしこジャパン」が選ばれたほか、トップテンには東日本大震災や原発事故に関することばが入りました。

「新語・流行語大賞」は、この1年で話題になったり、世相を反映したりしたことばを、漫画家のやくみつるさんや東京大学教授の姜尚中さんなど7人の選考委員が選ぶもので、1日、トップテンと年間大賞が発表されました。ことしの年間大賞には、7月のサッカーの女子ワールドカップ、ドイツ大会で強豪チームを破って初優勝を成し遂げた日本代表チームの愛称、「なでしこジャパン」が選ばれました。選考理由について委員会は、「ワールドカップの優勝は、日本中に希望と勇気を与えた。日本女性の優雅な美しさをたたえる意味で古来からある『なでしこ』の呼び名が大合唱を巻き起こし、これから日本社会の広い分野に『なでしこパワー』が、新しい花を咲かせる期待が高まっている」とコメントしています。このほかトップテンには、東日本大震災や東京電力福島第一原発事故に関連したことばとして、大震災が起きた3月11日を指す「3.11」。首都圏を中心に、ほとんどの交通機関が止まって帰宅できなくなった人たちを表した「帰宅難民」。原発事故の影響による農作物の買い控えや観光客の減少などを表す「風評被害」。さらに大災害のあとで、人と人とのつながりを再確認する場面などでよく用いられた「絆」。温かい心のつながりをうたった金子みすゞの詩の題名で、震災後、テレビのコマーシャルで流され反響を呼んだ「こだまでしょうか」といったことばが選ばれました。このほかの新語・流行語では、急速に普及が進む高機能の携帯電話、スマートフォンを省略した「スマホ」。得意気な表情のことを表す「どや顔」。野田総理大臣が泥臭く汗をかいて政治を前進させたいという意味で用いた「どじょう内閣」。バラエティ番組などで活躍するタレントの楽しんごさんの決めぜりふ「ラブ注入」といったことばが選ばれました。

犬 H K 12月1日 17時49分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111201/t10014340621000.html


【なでしこJapan】 ワールドカップ2011 ~完結編~ 改さらに改
http://www.youtube.com/watch?src_vid=r6Mx8lCwRsE&feature=iv&annotation_id=annotation_509186&v=SbuxV5aBF8U


SOARERism さんが 2011/08/31 にアップロード

どうしても入れたい写真があったので作り直しました
写真で綴る なでしこJapan 女子ワールドカップ2011   3部作

エピソード1⇒http://www.youtube.com/watch?v=ENh6TmBTltU
エピソード2⇒http://www.youtube.com/watch?v=UR0ep-7Y4uY
旧-完結編-⇒http://www.youtube.com/watch?v=r6Mx8lCwRsE


・・・「死神菅直人」、「汚染土壌野田」、こだまの枝野 「ただちに人体に影響はない」も落選。。。残念至極ですね。^^





Copyright © 2019 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved.