Nicotto Town



こいつが途中出場すると

するか、点取ったら取った奴がチームメイト叩いていいってルールにするかしてください」
「あ、ああ確かに最後のは痛そうだったからな。練習試合であれだけ喜ぶのも相手チームにも失礼だし、みんなに点取ってもあまりはしゃぐなと言っておく。あと一応叩くの手加減しろとも」

 山下は「一応っすか、まあそれでもお願いします」とちょこんと頭を下げてクールダウンに入った。この子はまあ孤高の天才を気取っているのかクールな振りをしているだけだ。今回もちょっと機嫌を損ねたぐらいで明日にはもう元に戻っているはずで、大して気にするほどでもないだろう。だから問題になりそうなのはもう一人の方だ。<a href="http://www.releaseshopassessjp.com/">レインブーツ メンズ</a>

「足利はどうしたぁ? デビュー戦にしては良くやっていたぞ。チームも勝ったんだしもっと喜べよ」
「はぁ、ありがとうございます」

 俺が褒めてもどこか硬い作ったような笑顔は解けない。何やら思い悩んでいる風にも見えるが、試合中のプレイではそんなに落ち込むほどの失敗はなかったはずだがな。確かに最後のゴール前ではぐだぐだしていたが、あの状況では落ちついて決められる子は生粋のFWでもこの年代の日本ではそうはいない。
 足利に関しては個人的な技術がどうこうではなく焦りが透けて見える精神面の方が問題かもしれん。試合の内容としても周囲とのコンビネーションが課題である。なまじ足利の視野が広いだけに、周りとの連携のチグハグさが如実に現れるのだ。彼一人だけならば正解の行動もチームとしてのコンセンサスが出来ていないため結果とし<a href="http://www.releaseshopassessjp.com/">aigle レインブーツ</a>てあまり効果的ではなくなるのも多い。チームメイトとの信頼関係が築けていない現状では、周りを使ったプレイをしようとしていてもまだ不可能である。まずは自分の力でゲームを動かそうとしすぎる足利に、仲間とのコミュニケーションの大切さを自覚させるのが問題解決への第一歩だろう。
 
 そしてもう一つ問題なのがこいつが連携やシュート以外で「ミスをしなかった」事だ。ミスが少ないのとミスが無いのとはまた違うのだ。サッカーというのは足でやるだけにミスを前提としたスポーツになる。だからミスがないプレイヤーが名選手かというと――そうでもない。ゴールに直結する危険なパスとゴールキーパーへ戻すバックパスを同じパスの成功率で計算しても意味がないのと一緒だ。
 もちろんポジションによっては失敗が許されないキーパーのような例もある。だが足利のようにあれだけ攻撃に参加していながら凡ミスが無いというのは不自然なのだ。<a href="http://www.releaseshopassessjp.com/">激安レインブーツ</a>
 
 こいつが途中出場すると、すぐに相手もマンマークをつけてきた。短時間で「こいつはフリーにしちゃいけない」選手と判らせるのはいいが、不満も少なからずある。
 足利ならばあのマークの一人ぐらいなんとかなったはずなのだ。相手が上級生とはいえ技術は足利の方が確実に上だ。ちょっと無理すれば個人技でも突破できたはずなのだ。だがあいつにはその「ちょっとした無理」をやろうとしない。常にギャンブルを避けて安全な道を通ろうとパスしている。

 つまりこいつはミスをしないように細心の注意を払って、充分なマージンをとり、合理的で堅実なプレイを常に心がけていたという事になる。まるで大人っぽく成熟したプレイヤーに対する褒め言葉のようだが、この成長期の時点でリスクにだけ気をつけているのならばもう選手としての成長はない。http://www.releaseshopassessjp.com/ hunter レインブーツ
 失敗は成功の母という通り、失敗すれば自らに足りない部分が自覚できる。それを克服しようと努力する選手に適したトレーニングを提示するのが監督の役目の一つだ。だが、失敗をしない選手はどうなのか? これは自分の能力の及ぶ範囲はここまでと自身に対 




Copyright © 2014 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved.