Nicotto Town


小説日記。


未来日記所有者14thの日記。
その日の出来事が「全て」小説のように綴られている。
しかし一日一回しか未来が更新されないので、大まかな事しか解らず精密さに欠けイレギュラーに弱い。

星と闇と、終わりの物語。【2】



Story1

――走って、走って、走った。
「ッはぁ、はぁッ、はぁッ、はぁッ!」
もつれる脚を必死に動かして、走った。煌めく小川は蒸発し、黒炭と化した草原は、進むごとに火の粉の残滓を散らした。濃くなっていく黒煙を吸い込まないように袖で口許を押さえても、やはり少しは吸ってしまって、チリチリと焼け...

>> 続きを読む


星と闇と、終わりの物語。【小説にするとしたら】



Story0


――流れよ。遥かなる地平線の彼方まで。

穏やかに差し込む陽の光が、眠気を誘う温度で少年を撫でた。ほどよく古びた木製のテーブルに広げられた、たくさんの分厚い本。頬杖を突きながら少年が眺めている本には、見ているだけで目が痛くなってきそうなほどに不思議な文体の文字たちが所狭しと並ん...

>> 続きを読む


星と闇と、終わりの物語。【こんなんどうかな】

【何かしらの案】

――ぱきりと、折れた。

それは「何か」であって、「物」じゃない。あるいは目に見えなくて、あるいは形の無いモノ。要するに「もの」なんじゃないかって、そういうわけじゃなくて――

「……わか、って……た、…&he...

>> 続きを読む


歪 な ペ テ ン 師 た ち 。

Story1
――傷つきたくない。痛いのは嫌だ。悲しいのは嫌だ。気分が沈むのは嫌だ。気を遣って苦しくなるのは嫌だ。嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ。でも、がまんしなきゃいけないときだってある。なら。楽しいフリだって良いじゃないか。笑っているフリだって良いじゃないか。それで一時の平和が守られるなら、谷嶋まどかは努...

>> 続きを読む


【新連載開始】歪 な ペ テ ン 師 た ち 。

Story0

――自分はどうしてここにいるんだろう。
この世に生きる人間ならば、誰しもが一度は抱くはずの思い。それは自己と向き合うのに大切な思いであって、何らかの回答を得ることを期待しているわけではない、曖昧なもののはずで。
――ここにいるから、いるんだ。
例えばそれを、そんな当たり前の理由でごま...

>> 続きを読む





月別アーカイブ

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009


Copyright © 2020 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved.