Nicotto Town


小説日記。


未来日記所有者14thの日記。
その日の出来事が「全て」小説のように綴られている。
しかし一日一回しか未来が更新されないので、大まかな事しか解らず精密さに欠けイレギュラーに弱い。

割れない硝子。【3】




# - 魔術師(逆)



 朝起きると母親が居なかった。
 父親は土曜日なのに仕事に行っていた。
 ……当然だ。
 これが、私の出した答えだ。

 母親はきっと高校時代の友人と遊びにでも行ってしまったんだろう。
 ドーナツでも買ってきてくれれば独りきりにされたって...

>> 続きを読む


割れない硝子。【2】




# - 1 / 魔術師(正)



「はぁ?」

 開口一番こんな声を出したのは、もしかしたら生まれて初めてだったかもしれない。
 状況が理解できないのではなく、相手の発言そのものが理解できなかった。

『いや、だからさぁ』
「もういい、良いよ。わかったから」

 ――人、殺しちゃった。

 ...

>> 続きを読む


割れない硝子。【1】<新連載>




# - 0 / 世界(正)



 それは暑い日だった。
 やかましい蝉たちの奏でるハーモニーを訊きながら、行きつけの本屋の駐車場を歩いていた。
 7月初旬だというのに真夏のような暑さ。
 これでは8月が思いやられる。

「夏は嫌いだ。大嫌いだ」

 無意識に呟いた。
 それは私の口癖で、この...

>> 続きを読む


星と闇と、終わりの物語。【4】




Story - 2

 そこだけぽっかりと切り取られたように、それはそこにあった。 「大火」の惨劇のあと、まぬけな灰色のパレット(地面)に浮かぶ赤い屋根の家は、「大雨(たいう)」にも濡れることなく、あった。 無傷で。汚れさえもなく。完璧に、ある意味不気味に。 消えた黒煙は、空に広がる暗雲と混じ...

>> 続きを読む


未だに燻っている案。




おりちゃサークルがですね。
うーん。
2つほどあるのですよ。
まだ考えてないけど、もう1つあったりもするし。


http://www.nicotto.jp/blog/detail?user_id=385716&aid=44518639

厨二病バリバリのやつ。
秘密結社。黒魔術。

...

>> 続きを読む





月別アーカイブ

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009


Copyright © 2020 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved.