Nicotto Town


小説日記。


未来日記所有者14thの日記。
その日の出来事が「全て」小説のように綴られている。
しかし一日一回しか未来が更新されないので、大まかな事しか解らず精密さに欠けイレギュラーに弱い。

†白の霊柩処刑騎士――

#-プロローグ


 ――どうせ、お前なんて使い物にならないガラクタ―ジャンク―なんだよ。

 違う。

 ――どうした?早くしろ。

 離せ。

 ――泣いてるのか?薄汚いどぶねずみでも涙は出るんだな!

 俺は――

 ――あぁ?何だその目は。お望みならばもっとジャンクにしてやるぞ、小僧。

 ...

>> 続きを読む


届け、流れ星に。【アリスサークル小説】





 やけに遠い夜空だ。
 夏だと言うのに、星一つ輝いていないなんて。
 涼しい夜風に吹かれ、思わず外の世界に出られたらどんなにいいだろうかと考えた。
 でも、この鎖が切れることはないのだ。
「…フラン様?」
 狭い城の最上階の部屋、そこから眺める景色は色褪せていた。
「何?」
 ...

>> 続きを読む





月別アーカイブ

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009


Copyright © 2020 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved.