Nicotto Town


小説日記。


未来日記所有者14thの日記。
その日の出来事が「全て」小説のように綴られている。
しかし一日一回しか未来が更新されないので、大まかな事しか解らず精密さに欠けイレギュラーに弱い。

I can not fry.【読みきり】

I can not fry,but you can fry.




「今日は何を訊かせてくれるの?」
 差し込む鮮やかなオレンジ色の夕日。
 爽やかに海の匂いを運び吹きぬける風。
 見渡す限りの草原と海。
 ここはとある屋敷のベランダ。
 美しいソプラノが奏でる少女の声が、ベランダの手すりにとまる...

>> 続きを読む


ダークバスター 17







「おい、早く起きろ」
 恐ろしい悪魔が、私の耳元で囁いた。
 首筋に当たる恐ろしく大きな刃が異様な冷たさを帯びて私の神経を削ってゆく―――
「ひぁぁあああ!?おっお、おおおおっき起きます!起きるです!!」
 ぞわわわわ、と背筋を逆撫でされる悪寒を十倍にしたものが駆け抜けた。
 冷や汗が吹...

>> 続きを読む


ダークバスター 16





「…、」
 朝陽は残念ながら差して来ず、どんより曇った厚い灰色の雲が窓からのぞく。
「やっぱり、夢じゃなかったんだ…」
 一晩寝れば醒めるかと、こっそり期待していたのだが現実は甘くはないようで。
 あたしは重い気分で布団から抜け出しベッドに腰掛けた。
 しばらく放...

>> 続きを読む


ダークバスター 15





「…」
 流石に誰も突っ込む気になれなかった。
 村人は預かったそうだ。
 水晶の洞窟の奥まで来い?
 誰に?
「………“四人の勇者”――」
 ヴァシカがポツリと呟いた。
「知ってるのか?」
「…四...

>> 続きを読む


ダークバスター 14




 村に着いた。
 木で作られた、俺達三人の背丈全部たしても届かないくらいのとにかくデカイ両開き扉。
 鍵穴は無いらしく無造作に取り付けられてある錆びたドアノブが何となく寂しかった。
「人の気配がしないのです…」
「そうだね……」
 ギリアとヴァシカが不...

>> 続きを読む





月別アーカイブ

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009


Copyright © 2020 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved.